2015年6月2日火曜日

IBM XCITE 2015(1日目だけ) レポート(3)

イベントから2週間経過して旬も過ぎた感じですが、まだ続けます。

IBM Notes/Domino 最新事例と未来

最後に参加したセッションが、IBM 平塚さんと、鴨志田さんによる、「[クラウド × モバイル × ソーシャル]で革新を!- IBM Notes/Domino 最新事例と未来 -」のセッション。
お二人の軽快な掛け合いトークがGoodでした。

大手の小売業でXPagesとConnectionsをうまく連携して、取引先とのシームレスな連携を図っているという事例が紹介されていました。
Connectionでは、さらに社内だけではなく社外の取引先からもアクセスできるようにして、シームレス化を進めていく方針なのだとか。
コミュニケーションがスムースに取れるというのが重要で、且つその環境が簡単に用意できるというのはConnectionsの魅力ですね。

また国立がん研究センターでの導入事例も。こちらは一般向けに病院を探すという、XPagesを使ったWebでのサービス。
XPagesを利用することで、操作性の向上だけでなく、情報の修正にNotesクライアントしか使えないところを、リッチなWebUIを用意しクライアント無しでできるようにし、ライセンス数を削減するなどの工夫がされていました。
これについては別セッションで詳しく聞けるとのことでしたが、2日目で無理・・・(涙

いずれにしても、Notesの資産を最近のWeb技術を利用して、Notes以外のプラットフォームでスクラッチから作成するより非常に安価に素早く構築できなのだろうな、ということと、XPagesが要約広まりつつあるなという実感と、XPagesがDominoに与えたインパクトは、やはり大きいなと。

また、平塚さんの熱いビジネス論のお話も良かったです。
スタートアップに注力するだけでなく、やり続ける・続ける力が大事なのだと。
確かにスタートアップでは、スタートアップさせることのみを考え、継続させるための方策や、その仕組にあまり意識が行かないですよね。
あと、Give takeも大事だけどGive backも大事!
見える化だけでなく、言える化も!
言える化は受け側の問題がある場合も多いですが、言う側も日本人は謙虚すぎたり間違っているかも・・・と考えてしまいがちですよね。
環境、意識、風土を変える努力が必要。


さらにもうちっと続くんじゃ

0 件のコメント:

コメントを投稿